期間従業員の求人のイメージ

期間従業員の求人は期間限定の従業員を指します。
同じ職場に連続して2年11ヶ月勤務する事ができ、一定期間を置けば再度同じ職場に雇用される事も可能です。

または違う工場へ赴任する事も可能です。

NAVERまとめ情報ならこちらをご利用ください。

期間従業員として期間を全うすれば次に求人応募する際には経験者として価値が上がり、経験者手当などで給与に反映されるでしょう。
期間従業員のメリットは高い待遇面にあります。
特別なスキルや学歴もなくても、年収で350万円以上は期待できるでしょう。給与やプチボーナスの金銭面での待遇の良さの他にも寮などの住居に関する補助もある為、手元に残る金額が多いでしょう。


一方で求人誌などで多く見かける条件の良い求人なのですが、最近の傾向としては人員が不足している事も事実です。

以前よりも他に魅力的な求人があり、応募者の多くでもある若い男性は他に応募する事がある事や期間従業員のイメージが不況時の雇い止めのリスクが露呈してからは長期的な雇用として考える場合には避ける人が多い事も事実です。



キツイというイメージも払しょくできていない点もあり、若い男性の応募者の多くが応募をためらう事も良くある話です。



実際にキツイかどうかは本人次第ですが、体力的にキツイという部分ではなく、毎日同じ作業の繰り返しが苦痛と感じる人にはキツく感じるケースが多いでしょう。またバネ指や腰痛など、同じ体勢での作業が続く事もあり、工場勤務ならば身体を酷使する事もあります。